低価格で使いやすい|美肌への近道はスキンケア|保湿化粧品の魅力
ウーマン

美肌への近道はスキンケア|保湿化粧品の魅力

低価格で使いやすい

レディ

界面活性剤の効果

一般的に洗顔石鹸には、「界面活性剤」という成分が含まれています。泡立ちを良くして、洗浄力を高める効果がありますが、必要なうるおいまで奪ってしまったり、細胞内のたんぱく質を変性させてしまったりと、デメリットも少なくありません。そこで界面活性剤不使用の洗顔石鹸がおすすめなのです。ただし注意しなければいけないことがあります。それは「無添加」の記載についてです。例え「無添加」と記載されていても、界面活性剤が使われている可能性は高いのです。界面活性剤の多くは、表示義務のある添加物として指定されていないからです。市販のものを購入する際には、事前にインターネットで成分や口コミについて下調べをしておくのがおすすめです。

おススメとなる物

洗顔石鹸のおすすめは、枠練り製法で作られたものです。枠練りの洗顔石鹸のメリットは、化学添加物が少なめ、もしくは完全無添加であることです。自然熟成することによって、油分の中のグリセリンやビタミン、スクワレンといった、天然の不純物が含まれます。そのため、機械練りの石鹸と異なり、枠練りの石鹸は泡持ちが良く、洗浄力がマイルドで、保湿力が高くなっているのです。デメリットは、大量生産に向かないため、製造に時間がかかり、価格が高額になることです。また機械練りのものに比べて、泡立てるのに手間がかかりますし、石鹸自体が溶けやすいこともあります。それらを加味し、スキンケアを第一に考えるのであれば、枠練り石鹸を使用するのがおすすめ、価格や使い勝手を重視するのであれば、機械練り石鹸でもOKと言えるでしょう。